仮性包茎は手術するべきかどうか

仮性包茎は手術するべきかどうか

 

これは男として生まれたからには向き合わなくてはならない、陰茎に関する話です。陰茎の太さ、長さ、感度など個人によって様々な違いや抱えているものがあると思いますが、今回は男根を包む皮、主に仮性包茎に焦点を当てていこうと思います。

 

仮性包茎とは、普段から亀頭が包皮に覆われている陰茎のことを指します。勃起時には亀頭が露出する、または手で剥くことで露出させることができますが、日常生活の大半は亀頭が包皮に覆われている状態になるので、衛生的に好ましくありません。また、ホコリや細菌などが溜まりやすいことや、蒸れやすいことから独特な臭いを発することもあり、仮性包茎を嫌いな女性も世の中に一定数います。また、勃起時などにも亀頭が包皮から露出しない真性包茎、嵌頓包茎などもあります。

 

仮性包茎の場合は毎日気にして洗っていれば日常生活では問題となりません。しかし、やはり陰茎に関する心配というのは異性との行為の際に現れるものです。わかりやすい問題として、普段から亀頭が包皮に覆われていることから刺激に弱くなり、早漏になってしまったり、勃起不全に陥るなどの問題があります。また、前述したとおり、行為の際の臭いも相手によっては気になることも問題点として挙げられます。

 

それらの解決策として話題に挙がるのが包茎手術です。これは余分な皮を切除することで包茎を治療するというものですが、真性包茎、嵌頓包茎の場合は亀頭が皮からほとんど露出しないため、様々な病気にかかるリスク等があります。そういったことから、それらのケースでは治療が推奨されていますが、仮性包茎の手術は必ずしも必要ではないとされています。

 

ここからが本題ですが、仮性包茎は手術したほうが良いのか、手術しなくても良いのかという結論を述べると、「どちらでもいい」と言えます。結論がどちらでも良いというのはあまり好ましくない解答ではあると思いますが、前述したとおり仮性包茎には臭いや汚れが溜まりやすいなどの問題はありますが、しっかりと洗っていれば大きな問題とはなりません。

 

しかし、その一方でその見た目や臭い、衛生的な面を気にする女性もいることは確かです。また、仮性包茎にコンプレックスを持っている男性もいれば、仮性包茎であることを全く気にしていないという人もいると思います。

 

なので、仮性包茎である自身、またパートナーである異性がどう思うかが問題であって、仮性包茎は特に大きな問題ではないというのが私の結論です。

 

ちなみに、仮性包茎の手術費用は6?10万ほどかかるといわれています。それにアフターケアや薬などが費用として加わりますが、それほどの大金ではないため、コンプレックスを持っている人などは手術することで自信を持てるのならばしてもいいと思います。

 

page top